今にとどまり新しいわたしと出会う隣人さん

コロナ感染拡大防止による全国の緊急事態宣言は

ひとまず解除となった。

6月に入りもういい頃合いだろうと、

ご近所さん宅へ所用のため訪問した。

 

すぐ帰るつもりだったのに立ち話は1時間以上続き、

あまりよく知らずにいた隣人さんから

様々な学びを得て帰ってきた。

 

非生産は罪

隣人さんは年金暮らし世代のお母さん。

 

緊急事態宣言で外出自粛が出た時は、

家に居てるか近所を散歩するぐらいしか

できなかった。

 

外出自粛まではなにかと、

地域のママさんの子育て支援をしたりと活動的で、

家族のケアもしつつ精力的にノンストップで

動いていたそうです。

 

突然のステイホーム生活が始まった。

暫くは何をしていいかわからず、

1日を持て余したそうな。

 

次に湧いてきた感情が、

一日家に居て

何も産み出せていない

非生産的な生活をしている自分が

居心地悪くて嫌になったそうです。

 

非生産=罪

 

と思えたとおっしゃっていました。

 

 

自分の内に向き合う

隣人さん世代のお母さん達。

とっても働いた世代です。

子育ての時期はもちろん

家のことも外で働くことも

ぜーーんぶがむしゃらに

無我夢中で生きてこられました。

 

うちの母親もそんな世代の人です。

父は帰宅が遅くパートも子育てもと

ず〜〜〜とシャカシャカ動いていて忙しそうだった。

全然自分の時間は取れ無かったと思う。

子ども心に大変そうだと思いつつも、

なんだか楽しそうにも見えた。

 

そんなことを思い出しながら

お話を聞いていました。

 

「でもね、外出自粛が終わって、

元の生活に徐々に戻っていくことに

寂しい気持ちを感じるの」

 

どういうことかとお聞きすると、

24時間家にいる生活は、

予定に邪魔されない自分の時間が持てた。

 

その時間はとってもゆっくりで

いつも外に向かっていた意識が

自分の方、内側に向かっていった。

 

すると、

毎日家族のために栄養のバランスの良い

食事を用意しているわたし

に気がついた。

 

「よくやっているやん、わたし!」

 

自分で自分を褒めたそうです。(笑)

 

とっても素敵なことですよね!

今できている事に気づき、認めて、褒める。

 

自分で自分を褒めるのって大事な事。

 

自分に厳しい人は、

うまくやったことよりそうではないことに

目がいきがちではないですか?

 

普段から自分を褒めてあげる練習をすることで、

器を作っていく。

人から褒められた時にとっさに

「いえいえ、そんなことないです」

謙遜することなく、素直に受け取れる器です。

ちっさい器だとちょっとの褒め言葉で溢れちゃいます。

 

褒められることを受け取れる練習を重ねると、

他人に対して褒めることも

もっとずっと自然体でできるようになってきます。

誰だって、褒められると嬉しいものですよね。

ねえねえ、褒めて褒めて!(笑)

 

新しい自分との出会い

隣人さんご自身の事は

活動量が多くてエネルギッシュな人間だ

って思っていたそうです。

 

しかし、お家の中で静かにいて

自分の時間を

関わりのあった子育てママたちや

家族のこと、近所の人へ

想いを馳せる時間があった。

それを楽しんでいる自分に気づいた時、

 

「静かなわたしも、好きやわー」

 

ってしみじみ感じたそうです。(笑)

 

にこにこしながら、話してくれました。

 

そんな気づきができたのも、

ステイホームのお陰だ、と話されました。

 

徐々に、元の生活にもどしつつ

また世界が動き出している今。

 

もうコロナ騒動が起こる前の生活には

誰も戻れないのだけど、

隣人さんはステイホームの

ゆっくりで静かな時間が愛おしかったようで、

「時よ行かないでー」

と少し残念がっていました。

 

振り返るとこんな気づき

日々の生活に追い立てられ

やらねばならないリストはてんこ盛り。

世界の調子に合わせようとすると、

外で気張る自分がいたり。

 

もっと頑張らねば!

もっと人に合わせねば!

もっと早く動かねば!

 

もっと、もっと・・・

 

どこまでも、いつまでも満足せず

自分を追い立てているような、、

 

今に生きていない人生を送っていないか?

何にエネルギーが向かっているのか?

何にエネルギーを消耗させているのだろう?

大切なものを見失っていないか?

 

話を聞きながらふと我に返り。。

 

とても純粋で素直に今にとどまることで

自分をクリアに見ることができた隣人さん。

 

これから始まる生活で失われていく時間はあるけど、

自分の中の素敵なパーツに出会えてよかったね。

 

聞いているこちらも、何か胸がほんわかする感じで

足取り軽く家路についた。

最新情報をチェックしよう!

気づきメモの最新記事8件